アクセス

韓国岳(からくにだけ)は、宮崎県えびの市、鹿児島県霧島市にある山。高千穂峰などとともに霧島連山を形成する。火山である。

霧島山の最高峰で、標高は1,700m。日本百名山 。

韓国岳

山頂から大浪池、桜島方面。

桜島と大浪池

初夏の登山道。

初夏

秋の登山道。

秋

山頂からは、正面に火口湖である大浪池や桜島、左に新燃岳、高千穂峰などダイナミックな展望がある。

最寄りのICは九州自動車道、えびのIC、溝辺鹿児島空港ICなど。

登山口・登山ルート

代表的な登山口は、えびのエコミュージアムセンター。他に大浪池登山口がある。大浪池から韓国岳に登るルートは急登になる。

(地図出典:国土地理院地図)・全画面表示地図について

登山道近くに硫黄山、2017年10月に噴火した新燃岳などがあり注意を要する。硫黄山の火山活動の影響で迂回路が設けられ、近年一部登山ルートが変更になっている。

えびのエコミュージアムセンター

えびの高原のえびのエコミュージアムセンター入り口。駐車場は有料で500円。駐車場の一番奥、道を挟んだところに登山口がある。はじめは舗装された道を進み、その後樹木帯に入る。

えびのエコミュージアムセンター入り口

3合目付近から開けてくる。

3合目付近

登山道から。

登山道から

7合目付近の登り。

7合目付近

8合目付近から大浪池や桜島が見えてくる。

大浪池と桜島

左に韓国岳の大きな火口。

火口

山頂手前の登り。

山頂手前

韓国岳山頂。

韓国岳の山頂

韓国岳は火口の縁の部分。裏側は断崖絶壁になっている。

火口の縁

桜島方面。

桜島方面

高千穂峰と新燃岳。

高千穂峰方面

大浪池周回

韓国岳から大浪池を周回することができる。急傾斜であり注意を要する。登山道を下りていくと分岐点に至る。左へ行くと時計回りの周回。右へいくとえびのエコミュージアムセンターで、大浪池を周回せずに戻ることができる。周回登山道は多少のアップダウンがある。また岩場の展望箇所があるが、絶壁になっている。

大浪池周回

およそ半分ほど進むと、大浪池登山口からの合流地点となる。韓国岳や高千穂峰が見える。ほぼ一周すると、えびのエコミュージアムセンターへの道があり、自然林の中を進む。道路が見えてきたら、道路沿いの遊歩道を進み、えびのエコミュージアムセンター付近に戻ることができる。

合流地点

大浪池は、国内で最も標高の高い火口湖となっている。

大浪池

登山道から。

桜島方面

獅子戸岳

韓国岳から獅子戸岳に縦走することができる。往復約7.5km。獅子戸岳への登り、戻るときに韓国岳への登り返しがある。新燃岳を間近に見ることができる。

獅子戸岳

スポット

環境省運営、えびのエコミュージアムセンター。

えびのエコミュージアムセンター

えびの高原荘。源泉掛け流し。

えびの高原荘