アクセス

四王寺山は、宇美町と太宰府市にある山。大城山・大原山・水瓶山・岩屋山などの山を総称して四王寺山という。最高点は、大城山 410m。

7世紀半ば、大宰府の守りとして四王寺山に大野城、基山に基肄城が築かれたことが知られている。

四王寺山

ビューポイントから春日市、大野城市方面。

ビューポイントから

岩屋城跡展望所から太宰府市、筑紫野市方面。

岩屋城跡展望所から

春の登山道。

春

秋の登山道。

秋

太宰府政庁跡、大野城跡、水城跡はともに国指定史跡となっている。

岩屋城跡など史跡もあり、ルート上に展望のよい箇所がある。また、石仏が祀られており、三十三箇所巡りの霊場にもなっている。

最寄りのICは、九州自動車道 太宰府IC、都市高速 水城IC。西鉄都府楼駅など。

登山口・登山ルート

代表的な登山口、スタート地点は、大宰府政庁跡になる。他に大野城総合公園、水城跡から登るルートなど。

登山ルートが決まっているというわけではなく、それぞれの登山口から岩屋山、焼米ヶ原、大城山、県民の森などを目指したり、散策するルートがとられる。

縦走路にでるまでに少し急登があり、あとはアップダウンのある登山道になっている。

太宰府駅や天満宮の方へ出たい場合や、この方面から登りたい場合は、水瓶山を経由するルートを使うこともできる。

代表的なルートをあげるのであれば、大宰府政庁跡からスタートし四王寺山を周回するルートとなる。ただこのルートは、距離やアップダウンがあり、やや健脚者むけとなる。

ルート上に太宰府市民の森、県民の森などもあり、分岐ルートは非常に多い。

(地図出典:国土地理院地図)・全画面表示地図について

太宰府政庁跡

太宰府政庁跡と四王寺山。政庁跡の左奥の車道か太宰府市民の森のいずれかから四王寺山に入っていく。

太宰府政庁跡と四王寺山

縦走路に登ると展望箇所がある。

宝満山方面

毘沙門堂。大城山近く。

毘沙門堂

大城山→大原山間

宇美町方面

大野城跡。石垣。

大野城跡

滝。

鮎返りの滝

焼米ヶ原。

太宰府市方面

岩屋城跡。岩屋山。

岩屋城跡

大野城総合公園

大野城総合公園(まどかパーク)は駐車場有り。体育館横の階段を上がっていくと登山口がある。整備されており登りやすくなっている。

太宰府政庁跡と四王寺山

スポット

大宰府政庁跡。

大宰府政庁跡

観世音寺。

観世音寺

水城跡。

水城跡