アクセス

小川岳は、熊本県山都町と宮崎県五ヶ瀬町にある山。黒峰、トンギリ山、小川岳、向坂山、白岩山などが連なり、霧立山地を形成している。

標高は1,542m。

小川岳

熊本県山都町や宮崎県五ヶ瀬町からアクセスする。

登山口・登山ルート

小川岳は、熊本県側と宮崎県側から登るルートがある。

(地図出典:国土地理院地図)・全画面表示地図について

主要なルートは、栗藤からのルートになると思われる。九州百名山地図帳で紹介されいてるのも、栗藤→トンガリ山→小川岳のルートである。ただこのルートは距離とアップダウンがあるため、やや健脚者向けとなる。距離を短くする場合は、舞岳やスキー場からのルートになる。

栗藤

熊本県山都町の栗藤登山口近く。バス停がある。

駐車場はないが、先に続いている林道の路肩にいくつか駐車スペースがある。

登山口近く

しばらく山側に歩いていくと、標識もあり登山口に行くことができる。黒峰、トンギリ山登山口となっている。

登山口

序盤の登り。

自然林と植林

一ノ瀬越。黒峰への分岐地点。西郷隆盛休息地とある。

一ノ瀬越

黒峰を目指す。

黒峰

展望はかなりよい。

眺望

黒峰 山頂。阿蘇、九重、祖母山などを見ることができる。

黒峰 山頂

次にトンガリ山を目指す。小川岳は、左の高い山。

トンガリ山

トンガリ山 山頂。

トンガリ山 山頂

小川岳を目指す。

小川岳

縦走していく。

縦走

もうひとつの登山口との合流地点。

合流地点

小川岳の麓の自然林。

自然林

岩場。

岩場

樹木に囲まれた小川岳 山頂。

小川岳 山頂

下山は、来た道を戻るのが無難ある。分岐からもうひとつの登山口に降りて車道を歩く方法もあるが、車道が蛇行しているため、距離が非常に長くなる。

舞岳

栗藤登山口のさらに南にある登山口。序盤は作業道を通り、途中から登山道となる。

舞岳登山口からのルート

スキー場

スキー場の下ったところにある登山口。駐車場や駐車スペースは、白岩山・向坂山と同じになる。

小川岳よりもスキー場や遠見ヶ岩のほうが標高が高い。いくつかのピークを越えていくため、多少アップダウンがある。

スキー場登山口からのルート