アクセス

九千部山(くせんぶやま)は、佐賀県鳥栖市、福岡県那珂川町にある山。

標高は848m。近くに石谷山、城山がある。

基山から九千部山

山頂展望所から鳥栖方面。

九千部山から鳥栖方面

秋の登山道。

秋

最寄りのICは、鳥栖側の登山口なら 鳥栖IC、東脊振IC、那珂川側なら東脊振IC、都市高速 野多目IC。

登山口・登山ルート

登山口は、那珂川町と鳥栖市にある。

代表的な登山口としては、御手洗の滝付近、グリーンピア那珂川、筑紫神社がある。他に鳥栖市民の森、七曲峠など。

(地図出典:国土地理院地図)・全画面表示地図について

山頂付近、自然林を横断する道路工事。桜谷ルートから。(2016年)

山頂に近く、自然林が多いだけに痛ましい光景である。どのような逼迫した需要、必要性があれば、山頂付近の自然林を伐採できるのだろうか?

森林の保水力、生物多様性への悪影響が懸念される。

林道工事

2018年、大雨の影響で桜谷ルートは各所で崩落。

有志による登山道の整備、登山者の踏み跡の定着など登山道としては、比較的早めに通行できるようになると思われるが、渓谷の景観、植生の回復は相当な年月がかかるだろう。

桜谷ルートで登山者を迎えていた、在りし日の流線的で美しい小滝。

小滝

御手洗の滝

鳥栖市 御手洗(おちょうず)の滝付近から登るルート。往復距離約12km、標高差約600m。

駐車場は20台前後。

御手洗の滝 駐車場

渓流沿いの道を進む。

渓流沿いの道

御手洗の滝。御手洗の滝から登山道に合流することができる。下山時に経由することもできる。

御手洗の滝

序盤は人工林が多いが、石谷山付近から自然林が多くなる。

自然林

石谷山、標高754m。

石谷山

歩きやすい登山道。

森の中

山頂は 電波塔などの施設がある。

電波塔

山頂広場には 展望台。

展望台

桜谷

グリーンピア那珂川 入り口。入り口近くの他、グリーンピア那珂川、少し歩いたところにダムの駐車場がある。

入り口からすぐの桜谷 登山口から入る。石段を登り案内に従い進む。沢沿いを源流までたどるコース。山頂に近づくと自然林に囲まれた登山道となる。

桜谷

下山にうるしが谷コースを使うことができるが、林道で登山道は寸断している。

うるしが谷

筑紫神社

登山口横に広い駐車場がある。

城山を経由するルートと経由しないルートがある。城山を経由する場合、アップダウンがあるためやや体力を使う。

筑紫神社付近からのルート

城山

城山、標高498m。

筑紫神社や城山など一帯には、戦国時代の筑紫氏の遺跡が残っており、遺跡巡りのようにもなっている。

城山