アクセス

稲尾岳は、大隅半島 肝付山地にある山。

標高は930m。

稲尾岳

稲尾岳ビジターセンターから錦江湾方面。

稲尾岳ビジターセンターから

展望台から海、種子島方面。

展望台から

照葉樹の森。

照葉樹の森

一帯は、照葉樹の原生林が残っており、照葉樹の森とも呼ばれている。国の天然記念物、自然環境保全地域に指定されている。

場所は大隅半島南部。

登山口・登山ルート

代表的な登山口は、稲尾岳ビジターセンター近くになる。展望がある箇所は、自然岩展望台のみ。

登山口の標高は800m前後であり、稲尾岳を目指す場合はそれほど登りが有るわけではないが、滝巡りコースは、一度標高の低いところへ下り、登り返すことになる。急坂が2箇所、高低差のあるアップダウンが数か所あり、タフなルートとなっている。

滝巡りコースは、やや健脚者向けのルートとなるが、九州百名山地図帳では展望台→稲尾岳→滝巡りの周回ルートが主要なルートとして紹介されている。

全画面表示 (ログ:GPSで取得のため誤差あり、出典:国土地理院地図)

稲尾岳ビジターセンター

稲尾岳ビジターセンター。駐車スペース有り。

稲尾岳ビジターセンターの駐車スペース

稲尾岳ビジターセンターから少し下りたところにある登山口。

登山口

開けた道を進む。

開けた道

森の入口。

森の入口

沢沿い、沢を登っていく。

沢

源流地点に近付く。

源流地点

源流地点を過ぎると、照葉樹のトンネルが続く。

照葉樹のトンネル

自然岩展望台。

自然岩展望台

枯木岳。

枯木岳

アカガシ、モミなどの高木が多くなってくる。

高木

稲尾岳。

稲尾岳

滝巡りコースは分岐点から右へ。

滝巡りコースへ

一旦広い道へ出る。

広い道

滝巡りコース入口。

滝巡りコース入口

尾根登りの坂とよばれる急坂。

尾根登りの坂

照葉樹の滝。

照葉樹の滝

白肌の滝。

白肌の滝

八丁坂とよばれる急坂。

八丁坂

やがてはじめのスタート地点、分岐点に至る。

スタート地点

スポット

稲尾岳ビジターセンター。

稲尾岳ビジターセンター

花瀬公園。

花瀬公園

神川大滝。

神川大滝

雄川の滝。

雄川の滝