アクセス

宝満山は福岡県太宰府市、筑紫野市、糟屋郡宇美町にある山。

標高 829.6mの山。霊山として歴史が古く、ふもとの竈門神社から宝満山にかけて 一帯が国指定史跡になっている。

宝満山

登山道から。

登山道から

春の登山道。

春

秋の登山道。

秋

冬の宝満山。

冬

最寄りのICは、九州自動車道 太宰府IC、都市高速 水城IC、大野城ICなど。西鉄太宰府駅から徒歩あるいは、まほろば号を使うという方法もある。

登山口・登山ルート

代表的な登山口・登山ルートは、駐車場も完備されている太宰府市の竈門神社、糟屋郡宇美町の昭和の森。

竈門神社からの正面ルートは 九州自然歩道にもなっており登りやすい。河原谷ルートは、河原谷の大つららを目指すルートで、難所ヶ滝ルートともいう。

(地図出典:国土地理院地図)・全画面表示地図について

筑紫野市側の本導寺や柚須原からのルートは、駐車場の確保が難しいことや、ルートそのものが上級者むけとなっている。

竈門神社

駐車場は2段目が登山者用。土日祝日は100m下の3段目の駐車場も使うこともできる。有料400円。他に周辺にいくつか駐車場がある。

駐車場

竈門神社へ入っていく。

竈門神社内へ

本殿前を左へ。

左へ

しばらくすると鳥居が見えてくる。宝満山 正面ルートの登山口。

宝満山 登山口

序盤はゆったりとした登り。

序盤の登り

林道と合流し少し歩くと分岐がある。左が登山ルート。

分岐

林道終点と合流した後は、石段の登山道が始まる。

山登り

徳弘の井。水場。

水飲み場

登りが続く。

登り

百段ガンギ。

百段ガンギ

中宮。

中宮

中宮からは岩場が多くなる。

岩場

馬蹄石。

馬蹄石

宝満山山頂。

宝満山 山頂

福岡市方面。

宝満山から福岡市方面

三郡山地。

三郡山地

下山はもときた道を戻ることが多いが、キャンプセンター経由の女道、中宮から行者道など分岐ルートを使うこともできる。

昭和の森

昭和の森からは、頭巾山や難所ヶ滝を目指すルートがある。縦走ルートに出て、仏頂山、宝満山に行くこともできる。駐車場は何ヶ所か有る。広い。

序盤は林道を進む。やがて沢が見えてきて、自然林の登山道になる。

昭和の森からのルート

難所ヶ滝。厳密にいうと難所ヶ滝という滝は、ここから少し離れたところにあるが、慣習的にこの岩場を難所ヶ滝ということが多い。

難所ヶ滝

三郡山 縦走

宝満山と三郡山で縦走路を形成している。展望のある箇所はほとんどないが、自然林に覆われている。

縦走路

三郡山。三郡山地の最高峰で標高935.9m。レーダー基地があるが展望の良い箇所もある。

三郡山

スポット

竈門神社。宝満山山頂に上宮がある。主祭神は玉依姫命。古事記では、初代天皇でもある神武天皇の母にあたる。

竈門神社

太宰府天満宮。祭神は菅原道真公。

太宰府天満宮

九州国立博物館。

九州国立博物館