アクセス

鶴見岳は、大分県別府市にある山。火山である。

標高は、1375m。日本三百名山。すぐ隣に由布岳

鶴見岳

山頂付近、ビューポイントにて。

ビューポイント

登山道から由布岳。

由布岳

初夏の登山道。

初夏

ミヤマキリシマ群生地。

ミヤマキリシマ群生地

山頂付近まではロープウェイで繋がっている。

別府市、大分市、国東半島、由布岳、九重連山、内山など見ることができ、山頂付近にビューポイントが多い。

最寄りのICは、大分自動車道 由布岳スマートIC、別府IC。

登山口・登山ルート

鶴見岳ロープウェイ駐車場→御嶽権現社→鶴見岳が代表的なルートである。下山時に馬の背手前の分岐から、南平台付近あるいは南平台を経由することもある。

西登山口は、由布岳東登山口の道を挟んで反対側にある。

地理院地図 全画面表示

鶴見岳ロープウェイ駐車場

鶴見岳 ロープウェイ駐車場。登山者は所定の場所に駐車可能。

鶴見岳ロープウェイ駐車場

案内に従い、登山口へ。

案内板

御嶽権現社の手前。

御嶽権現社

御嶽権現社の登山口。

登山口

歩きやすい登山道。

登山道

中腹から岩が多くなる。

中腹

山頂近くで展望が開けてくる。

山頂近く

鶴見岳 山頂。山頂は広く 少し下りたところに広場もある。

ロープウェイを使ってきたと思われる観光客など、結構人が多い。

国東方面

国東方面。

鶴見岳 山頂

登ってきた方向と逆に縦走路への道。向こうに由布岳が見える。

縦走路

分岐点で登山口の方へ下山することができる。地震の影響で、馬の背より先は通行不能になっている。

分岐点

場所によっては、噴煙が見える 鶴見岳中腹。

噴煙

西登山口

西登山口。駐車場はない。道路を挟んで反対側に、由布岳東登山口がある。

このルートは、往復約7km、標高差 600mほどと思われる。

鶴見岳ロープウェイ駐車場

序盤は作業道、林道を進む。

案内板

しばらくすると、自然林になる。岩や石も多く滑りやすいため、多少注意は必要である。

御嶽権現社

馬の背付近の尾根に出ると、展望が一気に開ける。鶴見岳は近い。

登山口