アクセス

三俣山は、大分県九重町と竹田市の九重連山にある山。

北峰、南峰、本峰、西峰、Ⅳ峰からなり、本峰が最高峰。標高は、1745m。

長者原から三俣山。

三俣山

三俣山南峰。

三俣山南峰

西峰から本峰、Ⅳ峰、南峰。

西峰から

初夏の登山道。ミヤマキリシマ。

初夏

秋の登山道。

秋

登山道や各峰は、展望がよく、非常に見晴らしの良い山である。

最寄りのICは、大分自動車道 九重IC。

登山口・登山ルート

登山口は、長者原、大曲などがある。

代表的な登山口は、長者原。諏蛾守越といわれるルートを使う。他に大曲登山口がある。

諏蛾守越から登り、西峰→Ⅳ峰→本峰→南峰、あるいは西峰→Ⅳ峰→南峰→本峰と周回し、諏蛾守越を通り下山するパターンが多い。

地理院地図 全画面表示

本峰、北峰、南峰を周回するお鉢巡りのコースもある。危険箇所があり上級者向け。

また坊がつるからのルートは、急登となっている。九州の山では最も急登のルートのひとつで、下山時も注意を要する。やや上級者向けのルート。

長者原

長者原ビジターセンター横と、道路を横断したところに非常に広い駐車場がある。

長者原 駐車場

駐車場から歩いてすぐの登山口。

長者原 登山口

硫黄山近くまでは林道や舗装された道を進む。

林道

案内に従い諏蛾守越の方へ進む。

案内板

左に三俣山。

登山道から三俣山

遠くに噴煙をあげる硫黄山が見える。大きな岩が多く落石に注意。

硫黄山

ガレ場を越えていく。

ガレ場

諏蛾守越に到着。

諏蛾守越

三俣山に登っていく。

諏蛾守越から三俣山

登山道から振り返る。

登山道から

西峰。

西峰

穏やかな登り、稜線歩き。台地の上を歩いているような感じ。

稜線

Ⅳ峰。奥に見えるが南峰。

Ⅳ峰

本峰。

本峰

本峰から飯田高原、長者原方面。

本峰から飯田高原

平治岳 方面。

平治岳方面

南峰に向かう。

南峰へ

南峰。

南峰

南峰から大船山方面。

南峰から大船山

南峰から久住山方面。

南峰から久住方面

下山は、坊がつる・雨ヶ池を経由して長者原へ戻ることができる。登りではかなりの急登となる。坊がつる、大船山がきれいに見える。

坊がつると大船山

右に九重連山。

右に九重連山

徐々に高度が下がると 坊がつるが近づいてくる。

坊がつる

坊がつるから雨ヶ池へ。

雨ヶ池

タデ原湿原。

タデ原湿原

大曲登山口

長者原と牧ノ戸峠の間に、大きく急カーブするところに、大曲登山口と駐車場がある。駐車場の台数は10台前後、路肩スペースに10数台。土日などは空きがないことが多い。

長者原からのコースと合流するルートで、諏蛾守越までの距離を短縮できる。

大曲登山口 駐車場

道路脇の登山口。

大曲登山口

北峰・大鍋・小鍋

北峰は、本峰から見える北側のピーク。

北峰

北峰周回。北峰を経由し、大鍋・小鍋といわれる窪地を巻くように周回する。急坂、岩場、小鍋付近の崩落地などに注意を要する。

大鍋・小鍋

スポット

タデ原湿原。遊歩道がある。

タデ原湿原

環境省運営 長者原ビジターセンター。長者原には、他にレストラン、カフェ、売店、などがある。

長者町ビジターセンター

山恵の湯。

山恵の湯