アクセス

久住山は、大分県九重町と竹田市にある山。

九州本土最高峰の中岳、稲星山、天狗ヶ城、三俣山大船山黒岳などとともに久住連山を形成している。

標高は1787m。日本百名山。

久住山

山頂にて。

山頂にて

山頂付近から祖母山、九州中央山地、阿蘇山。

山頂付近からの眺め

初夏の登山道。

ミヤマキリシマ

秋の登山道。

秋

最寄りのICは、大分自動車道 九重IC。

登山口・登山ルート

登山口・登山ルートは、

  • 牧ノ戸峠 登山口
  • 赤川 登山口

など。代表的な登山口は 牧ノ戸峠。赤川登山口は、扇ヶ鼻と久住山どちらにも行くことができる。

久住山に近い山は、沓掛山、扇ヶ鼻、稲星山、中岳、天狗ヶ城、星生山などがある。扇ヶ鼻→久住山→稲星山→中岳→天狗ヶ城→星生山などいわゆる六峰周回ができる。

地理院地図 全画面表示

高木がほとんどないため、初夏から秋にかけては日射による日焼けに注意。長時間歩く場合、予想以上に日焼けすることがある。

牧ノ戸峠

牧ノ戸峠。駐車場、売店、レストランなど。周辺にも駐車場、駐車スペース有り。

牧ノ戸峠

登山口。

登山口

序盤は舗装された道を登っていく。序盤から展望は非常によい。

舗装された道

階段や木道もある。

階段や木道

やがて登山道らしくなる。岩場。

岩場

沓掛山 山頂。1503m。

沓掛山

見晴らしのよい登山道。ビューポイントは多い。

沓掛山

久住山、扇ヶ鼻の分岐点。

沓掛山

久住別れという場所。避難小屋がある。左が坊がつる方面、右が久住山。

久住別れ

久住山を目指す。

岩

久住山の稜線を登る。

登り

久住山 山頂。

久住山 山頂

阿蘇方面。

三俣山方面

祖母傾方面。

中岳方面

中岳(左)と稲星山(右)。縦走することができる。

中岳方面

赤川登山口

赤川登山口は、途中で分岐があり、扇ヶ鼻方面、久住山方面に行くことができる。

駐車場は2段、20台前後。

赤川登山口 駐車場

登山口。

登山口

扇ヶ鼻方面への登山道。序盤は樹木帯を進むが、中盤から眺望がよい。

中盤

登山道から。

登山道から

稲星山

稲星山。久住山から近いピーク。

稲星山

少し降りて登り返すが、標高差はそれほどでもない。

稲星山から

中岳

九州本土最高峰。分岐ルートを使い 御池や稲星山を経由して行くことができる。

中岳

坊がつる、大船山方面がよく見える。

中岳 山頂

天狗ヶ城

中岳から近い。御池の横のピーク。

天狗ヶ城

山頂から御池がよく見える。

御池

星生山

岩場が多く、やや危険箇所有り。

星生山

登山道や山頂からは、硫黄山や三俣山がよく見える。

硫黄山と三俣山

扇ヶ鼻

分岐ルートから登ることができる。

扇ヶ鼻

九重連山を代表するミヤマキリシマの群生地。

扇ヶ鼻のミヤマキリシマ

白口岳

稲星山や中岳から行くことができる。鉾立峠、坊がつるに登山道が繋がっている。

白口岳

中岳、坊がつる、大船山など展望がよい。

坊がつるや大船山