アクセス

韓国岳(からくにだけ)は、宮崎県えびの市、鹿児島県霧島市にある山。高千穂峰などとともに霧島連山を形成する。火山である。

霧島山の最高峰で、標高は1,700m。日本百名山 。

韓国岳

桜島と大浪池。

桜島と大浪池

山頂からは、正面に火口湖である大浪池や桜島、左に新燃岳、高千穂峰などダイナミックな眺望がある。

最寄りのICは九州自動車道、えびのIC、溝辺鹿児島空港ICなど。

登山口・登山ルート

韓国岳の登山口は、非常に分かりやすく 2つある。

  • えびのエコミュージアムセンター登山口
  • 大浪池登山口

メジャーな登山口・登山ルートは、えびのエコミュージアムセンターから。

えびのエコミュージアムセンターという霧島連山の資料館や売店、足湯、レストラン、喫茶店、登山弁当(レストランで注文)など登山口としては申し分ない環境。

注意点としては、山と言っても火山なので注意は必要。登山道近くに硫黄山、2017年10月に噴火した新燃岳は韓国岳に近い。

地理院地図 全画面表示

今回 エコミュージアムセンターから登り 韓国岳を目指し 韓国岳から大浪池を周回するコースにした。

えびのエコミュージアムセンターから韓国岳へ

えびの高原のえびのエコミュージアムセンター入り口。駐車場は有料で 500円。

えびのエコミュージアムセンター入り口

レストラン、喫茶店、売店など有り。レストランで昼食用に登山弁当も注文できる。

レストラン

登山口は駐車場の一番奥。山側。

駐車場

道を挟んで登山口。

登山口

歩きやすく開放的な登山道。

登山

この一帯が火山であるというのがすぐ分かる光景。

火山

少し行くと エコミュージアムセンターから少し上の登山ルートと合流。路肩のスペースに駐車したい人がここに車をとめて登っているようだ。20台ぐらい。

駐車

硫黄山を左に見ながら通過。

硫黄山

登山道はかなりしっかりと整備されている。

登山道

それほど急登というわけでもない。

楽しい登山

登山道から振り返る。右が硫黄山 火口湖も見える。

硫黄山と火口湖

7合目あたりからは登りが続く。

登り

低木しかないので、見晴らしがいい。

森林限界

8合目あたりから 右に韓国岳の横の大浪池、桜島。

大浪池と桜島

左には、韓国岳の大きな火口。

火口

ここまで来ると頂上はもうまもなく。

頂上手前

韓国岳 山頂。

韓国岳の山頂

韓国岳は火口の縁の部分。裏側は断崖絶壁。あまり近付かないほうがよい。

火口の縁

桜島方面。

桜島方面

高千穂峰と新燃岳。

高千穂峰方面

大浪池周回

韓国岳から大浪池を周回してみる。

大浪池周回コース

かなりの急傾斜。

急傾斜

大浪池を周回するならここから左へ時計回り。右へいくとえびのエコミュージアムセンターへの道で、大浪池を周回せずに戻ることもできる。

時計回り

大浪池は、国内では最も標高の高い火口湖。

大浪池

火口の縁を歩く感じ。

周回コースの道

合計すると10~20は休憩できるような展望場所がある。裏側は断崖絶壁。

展望場所

およそ半分進んだところ。大浪池登山口からの合流地点。

合流地点

韓国岳や高千穂峰も見える。

韓国岳と高千穂峰

ほぼ一周すると えびのエコミュージアムセンターへの道。ここを左へ。

分岐点

森のなかを歩いて行く。

森の中

道路と交差したら右へ。

道路と交差

少し歩いて行けば えびのエコミュージアムセンターに着く。

えびのエコミュージアムセンター

スポット

環境省運営、えびのエコミュージアムセンター。

えびのエコミュージアムセンター

足湯。

足湯