アクセス

英彦山(ひこさん)は、福岡県添田町にある山。

標高は、1200m。北岳、中岳、南岳からなり南岳が最高峰。日本二百名山。

一帯は、耶馬日田英彦山国定公園であり、修験道の山・霊山として国指定史跡でもある。

北岳近くから日田耶馬溪方面。

北岳から日田耶馬溪方面

秋の登山道。

秋

ススキ広がる鷹巣原高原。

鷹巣原高原

冬の英彦山。

冬

四王寺の滝。

四王寺の滝

高速なら最寄りのICは、大分自動車道 杷木IC。ここから東峰村を経由して行くことが多い。

登山口・登山ルート

代表的な登山口は、銅の鳥居、別所駐車場、野営場、豊前坊など。

登山口、登山ルート、分岐ルートが多く、時間や体力に応じて様々なルートを計画することも可能で、周回するようなルートも取りやすい。

南岳が最高峰ではあるが、実質的な山頂は中岳と認識されている。

地理院地図 全画面表示

北岳、中岳、南岳、材木石近くまでの稜線は展望の良い箇所が多い。

南岳→鬼杉間がやや険しく、危険箇所有り。四王寺の滝から南岳近くへ出るルートは険しく、上級者むけ。

銅の鳥居 登山口

銅の鳥居 登山口には駐車場有り。

銅の鳥居 駐車場

すぐ横はスロープカーの始発駅。スロープカーで奉幣殿手前まで行くこともできる。

スロープカー

銅の鳥居。

銅の鳥居

英彦山神宮 奉幣殿への道。

奉幣殿への道

両サイドに史跡がある。

史跡

奉幣殿 境内に着く。

奉幣殿 境内

表参道コースは、奉幣殿 横の鳥居をくぐり そのまままっすぐ行く。

表参道コース

岩場などが多いが、一番登りやすいコース。

岩場

中宮、上宮を経て中岳へ。

中岳

登る時や下山時にルートを変えると、南岳、材木石、鬼杉、大南神社、梵字岩、玉屋神社などを経由できる。

材木石。

材木石

国の天然記念物、鬼杉。

鬼杉

玉屋神社。

玉屋神社

別所駐車場

別所駐車場。広い。交番やお店もある。

別所駐車場

ここから銅の鳥居の登山道に合流することができる。

登山道に合流

野営場

北西尾根ルートや鷹巣原高原に近い。駐車場は広め。

野営場 駐車場

北西尾根ルートは、バンガローの左側の階段を登っていく。

バンガロー左側

自然林の多いルート。尾根を登っていく。

自然林

ある程度進むと樹木は少なくなり、展望が開けてくる。

登山道から振り返る。

登山道に合流

中岳までは近い。

豊前坊 登山口

豊前坊 登山口 駐車場。広い。

豊前坊 駐車場

高住神社を豊前坊ともいう。ここが登山口となる。

豊前坊 登山口

境内。

豊前坊 境内内

登っていくとあらわれる奇岩。

奇岩

分岐道から望雲台へ。

望雲台

このルートは、やや勾配がきついが、見晴らしがよい。

見晴らし

北岳近く。

北岳から

北岳から、中岳、南岳は近い。

スポット

英彦山神宮。福岡県では唯一の神宮。中岳近くに上宮がある。

主祭神は、アメノオシホミミ。すなわち天照大神の子。ここから日子山と呼ばれ、後に彦山、英彦山と呼ばれるようになる。山中に玉屋神社、大南神社など摂社・末社が多く、古事記に登場する神々が祀られている。

英彦山神宮

銅の鳥居。国指定重要文化財。江戸時代に肥前国の藩主鍋島勝茂公により寄進。英彦山という額は、霊元法皇より下賜され、このときから英彦山と呼ばれるようになった。

銅の鳥居

花見ヶ丘岩公園。

花見ヶ丘岩公園

高住神社。

高住神社

道の駅 小石原。杷木ICから英彦山登山口の間にある。添田町方面にも道の駅 歓遊舎ひこさんがある。

道の駅 小石原

英彦山温泉 しゃくなげ荘。

英彦山温泉