アクセス

古祖母山は、大分県豊後大野市、宮崎県高千穂町の境にある山。

標高は、1633m。近くに障子岳がある。

古祖母山

春の登山道。

春

アケボノツツジ。

アケボノツツジ

秋の登山道。

秋

高千穂の谷。谷沿いの7号線を北へ進むと登山口に至る。

高千穂の谷

豊後大野市か高千穂町からアクセスする。

登山口・登山ルート

代表的な登山口は、尾平越トンネル南口。日向登山口ともいう。トンネル北口にも登山口はあるが、登山道崩落のため現在使われていない。

登山口から古祖母山までは、標高差 600mほど。

障子岳まで往復する場合は、距離約10km、累積標高差約1000mほどと思われる。

地理院地図 全画面表示

登山道沿いに、展望所・ビューポイントは多いが、岩場・絶壁になっている箇所もあるため十分な注意を要する。

7号線は、高千穂側・尾平側ともに、やや狭い箇所がある。作業車などが通行することもあるため離合には注意が必要。

日向登山口

尾平越トンネル南口。

尾平越トンネル南口

駐車場。

駐車場

駐車場横の登山口。

登山口

序盤はやや急登。

序盤

自然林が多くなる。

自然林

稜線に出る。

稜線

古祖母山を目指す。

登り

岩場から大障子岩方面。

大障子岩方面

ビューポイントから祖母山、障子岳方面。

祖母山、障子岩方面

古祖母山山頂。

古祖母山山頂

南側に展望がある。

南側

障子岳縦走

アップダウンの登山道で、途中から展望所や岩場がある。絶壁箇所があるため注意を要する。

障子岩縦走

障子岳。標高1709m。祖母山、高千穂、古祖母山など四方に展望がよい。

障子岳